TOP南西アジア旅行記 > トップ・第5話



■ 第5話  聖地の大晦日

お釈迦様が悟りを開いた場所、仏教最大の聖地であるブッダガヤ。

日本、タイなど各国の仏教寺院が集まっている。

全然信心深くはないけれど、一応仏教徒であるからには、インドに来たらここに立ち寄らないわけにはいかないだろう。



ラジギールからテニー氏に見送られてオート三輪でブッダガヤに向かう。

オート三輪という乗り物は、運転手のほかは、後ろの座席に2名乗るのがやっとだから、本来は3人乗りといったところだ。

ところがここのオート三輪は、なんと! 11人も乗っている!

11人! じゅうーいちに〜ん!(驚)

そのままではこんなに乗れないから、前後の座席ともに長い板を横に渡して、前に5人、後ろに6人乗っている。 まるで翼を広げた飛行機が地上を走るみたいに・・



こういうオート三輪があちこちで走り回っている。  しかもスピードを出したまま、すれ違う! (@_@)

板の端に乗った私の顔はそのとき恐怖に引きつっていた。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブッダガヤはラジギール以上に日本人観光客が多くて、当然、インド人にとって日本人はいい商売相手だ。

町を歩くと、「ヘイ!トモダチ、ドコイク」、「コニチワ」、「ワタシ、イイホテルシッテル」なんて変な日本語を話すインド人がたくさん寄ってくる。

でも、そんなにしつこくはない。 この町でも、ラジギールのときと同じように「トモダチ」ができた。
ゴパールという名の青年だ。

インド人にしては物静かで、インテリっぽい雰囲気があったが、私を見かけるといつも話しかけてきて、いろんな場所を案内してくれた。

もちろん、彼に騙されたこともないし、物を売りつけられたこともない。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この町にも暇そうな若者がたくさんうろついているなぁ〜

「自分はカラテができる。」とか、「カラテの勝負をしよう。」などというやつが寄ってくる。 当時、ブルース・リーはインドでも大人気で、彼らはブルース・リーを日本人だと思っていた。

カンフーとカラテの区別がつかないから、インドの若者から見れば、日本人は皆ブルース・リーのようにカラテ?ができると信じているようだった。

だから日本人とカラテの勝負をして勝てば、インド人にとっては大変な名誉?で、英雄視されるとでも思っているのだろう。

こちらが一人で歩いていると、暇そうな若者の集団が寄ってきて、「カラテの勝負をしよう。」と言ってきた。 それを言うのは集団の中の一番強そうな一人だけで、あとは取り巻きだ。



さて、こういうときの対応はどうしたらいいか?



最初にこれを言われたときは、

  「自分はカラテはできない。」と言ってその場を去った。

そうすると彼はいかにも馬鹿にしたように、

  「カラテができない? あんたは本当に日本人か?」と

おおげさに馬鹿にしたような態度になった。


くっそー! くだらないけどなんか悔しいぜ。





次回からは少し考えた。



「カラテの勝負をしよう。」

  ・・・来たな・・・

「カラテの勝負をすることは、私の師匠から禁止されている。もし私と戦えば、あんたは死ぬかもしれない。どうしても勝負したいなら、腕相撲ならやってもよい。」

そうして彼らの「代表者」と腕相撲する。



私は腕相撲には自信があった。日本でも友達に負けたことは一度もない。

「代表者」が皆の見ている前で腕相撲に負けると、もう何も言わなくなって立ち去ってくれるのだった。

大抵のインド人は痩せていて腕力はなかったから、この作戦はいつも成功だ。 インドのどの街でも「勝負しよう!」が来たときはこれで撃退した。 (^^)v



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
チベット人がやっている安い宿があると聞いていたので、そのアマラというホテルに泊まる。

部屋はいっぱいだと言われたが、どこでもいいといったら、奥の部屋に案内された。 一泊1ルピー(30円)と格安。

安いだけあって、掘っ立て小屋のような建物、窓のない牢獄のような部屋にすのこ板と布切れのベッド。

でも陰気は雰囲気はなかった。 むしろ宿全体が陽気なムードに包まれていた。



チベット人のおかみさんは、いつも歌を歌っているか、なにやら仏教の御勤めなのかしらないがポコポコとタイコを叩いたりして、いつも「音楽」が溢れている。 なんだか、じつにのどかだ。

国語の教師をしているという日本人旅行者から、ヘッセの「シッダールタ」を借りた。 読み終わると、誰かほかの旅行者に渡される。決して国に帰ることはない。 「海外漂流文庫」というのだそうだ。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大晦日。1970年代最後の日。

昼の間に、日本あてに年賀状を書き、夜になってから他の日本人2人とともに、ゴパールから聞いたチベッタンテントという料理店(本当にテントだった。)に行き、チャンという酒を飲んだ。

アルコールは薄くてあまり酔わないが、いい気分。

夜10時半から、日本寺のメディテーションに参加した。寺で瞑想するのだ。 ヨーロッパから来た旅行者もたくさん混じっている。 むしろ、ヨーロッパから来た人たちの方が多かった。 彼らは真面目に、日本やアジアの文化に興味を持っている様子だ。



瞑想の後、参加者が寺の鐘の前に並んで、1発ずつ除夜の鐘を叩く。

  ゴーーン!

ほろ酔いで1970年代の最後を迎える。

「紅白」も「レコード大賞」もない年越しだ。

  ゴーーン!



インドの地で、日本人もヨーロッパの人もいっしょになって鐘を叩く。

なんだか、ここが世界の中心であるかのような気がしてきた。

これからますます、いろんな国の文化が交じり合っていくんだろうなあ。

いろんな考え方の人が「トモダチ」になって、影響しあう。 自分の国や故郷の価値観だけに凝り固まることもない。

未来は明るいような気がしてきた。




あ、次は自分が叩く番だ。皆が見ている。うまく叩かないと・・

 
 ゴ〜〜ン!


1979年が終わり、1980年代が始まった。

旅の前途は洋々、世界の前途も洋々、私はこのとき単純に感動していた。


次へ

 
カトマンズの寺院と親子

次へ

 
目    次
第1話  旅の序章 第16話  屋根の上のシタール弾き 第31話  アラーよ、許したまえ
第2話  入国拒否 第17話  カルカッタにて 第32話  イランの印象(1)
第3話  強盗だー! 第18話  ヒマラヤの旅(1) 第33話  イランの印象(2)
第4話  TOMODATI! 第19話  ヒマラヤの旅(2) 第34話  イランの印象(3)
第5話  聖地の大晦日 第20話  ヒマラヤの旅(3) 第35話  中東にはホモが多い?
第6話  泥棒もひとつの「職業」! 第21話  ヒマラヤの旅(4) 第36話 「小アジア」の風景
第7話  船旅 第22話  ついに発病か? 第37話 イスタンブール到着
第8話  ヒッピーの聖地(海岸の小屋) 第23話  ポカラの公立病院 第38話 国民総商売人
第9話  ヒッピーの聖地(パーティー) 第24話  旅先で発病した人たち 第39話 銃撃事件
第10話  ヒッピーの聖地(LSD)   第25話  酷暑 第40話 旅の終わり
第11話  ヒッピーの聖地(朝の光と波の音は・・) 第26話  日本は「ベスト・カントリー」だ! 最終話 帰路・あとがき
第12話  インド人は親切だ? 第27話  目には目を?
第13話  田舎を行く列車の旅 第28話  沙漠の国
第14話  変わり始めた片田舎の町 第29話  「異邦人」の町
第15話  皆既日食を見た! 第30話  沙漠に沈む夕陽