TOP南西アジア旅行記 > 第10話



■ 第10話  ヒッピーの聖地(LSD)

インド・ゴアの浜辺の夜

ヒッピーたちの大麻パーティーの場で、イタリア人から買ったペーパーLSD

ただ一枚の小さな紙切れである。

後で知ったが、普通はそれを半分に切って飲むのだそうだ。

私はそのことを知らなかったので、一度に全部飲んでしまった!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
時間は分からない
おそらく10分後くらいか?

目の前がとてつもなく明るくなった!!

「明るい」なんてもんではなく、眩い光の中にいる・・といった方がいいかも

この世のものとは思えない明るさだ。

そして、空の上ではビートルズが演奏していた。

「Lucy in the Sky with Diamond」ならぬ「Beatles in the Shinning Sky」だ。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
その先はよく覚えていない。

気がつくと、私は砂の上にべったりと座って、ただひたすらヘラヘラと笑っていた。

全身から力が抜けている。
特に、口元に全く力が入らない。

何か話したが、声がふにゃふにゃしてしまって、赤ん坊か痴呆にような話し方になっているのが自分でも良く分かる。




とにかく、すべてが面白くて面白くてどうしようもない!!

風が吹いてきて、手の上に砂がさらさらと降りかかる。

もうそれだけで面白くて面白くて、幸福の絶頂のように笑い転げる。

見るもの聞くもの触るもの、すべてが面白い。どうしようもなく面白い。

笑うしかないのだ!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
何十分、あるいは何時間経過しただろう?

笑いがおさまる頃、 私はすべてが分からなくなっていた。

ここはいったい何処だ?

俺は誰だっけ?


本気で、真剣に分からない! 俺は誰だ?




聴覚はものすごい状態になっていた。

考えることと聴覚は完全に連動しており、意識の変化によって音は大きくもなり小さくもなり、超能力者の如く、ものすごく遠くの小さな音まではっきりと増幅されて聞こえてくる。

考えることには「形」があり、その形は意識の変化によって三次元に無限に広がり行ったり来たり・・・

もはや時間というものさえ無い!



・・・次第に恐怖を感じてきた・・・


目を閉じてみた。全く暗くならない。明るいままではないか!

私は形容しがたい恐怖を感じているのに、顔は半分笑っているのが自分でもわかる。

これは歓喜の世界だ! いや、死の世界への入り口かもしれない!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どれだけ時間が流れただろう。

やがて私は、自分の目の前にあるものと自分との区別がつかなくなった。

椰子の木を見ていると、私は椰子の木だった。


目の前にいる人(メッカチさんだった)が、チャイ(紅茶)を飲んだ。

それは即ち「私が」チャイを飲んだことだった。

私の胃や食道のあたりが、熱くなったのだ。

周囲にいる人と何かを話した。
もちろん会話は全然成立しない。


私はとても苦しくなった。

体ではなく、心、意識が苦しいのだ。

自分が誰なのか、いまだに分からない。

何か考えれば迷路にはまり込んだ。

三次元ではない。四次元、いや五次元の迷路か?

あっちへ行ったと思えばいつも間にか反対側にいたり、逆さになったり・・・
広大無限な曼荼羅のような、螺旋のような、凄まじい迷路だ。

その迷路が恐ろしい。しかし素晴らしく美しい。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
もういいかげんこの状態から抜け出したい!

でも抜け出せない!

「このままでは発狂するかもしれない。」そんな恐怖がよぎる。

まるで目を開けたまま、出口を求めてさ迷い歩く苦しい夢を見ているようだ。

私が何度も「ここは何処?」と聞くのを不気味に思ったのか、
隣に居る日本人女性が言った。

「ちょっと! 彼の様子がおかしいよ!」

「そうだ。俺はおかしいんだ。助けてくれ!」・・・そういう気持ちで聞いていた。


次へ

 
イランのモスク(イスラム寺院)の天井
LSDによるトリップは、まさにこのような曼荼羅的世界だ!


次へ

 
目    次
第1話  旅の序章 第16話  屋根の上のシタール弾き 第31話  アラーよ、許したまえ
第2話  入国拒否 第17話  カルカッタにて 第32話  イランの印象(1)
第3話  強盗だー! 第18話  ヒマラヤの旅(1) 第33話  イランの印象(2)
第4話  TOMODATI! 第19話  ヒマラヤの旅(2) 第34話  イランの印象(3)
第5話  聖地の大晦日 第20話  ヒマラヤの旅(3) 第35話  中東にはホモが多い?
第6話  泥棒もひとつの「職業」! 第21話  ヒマラヤの旅(4) 第36話 「小アジア」の風景
第7話  船旅 第22話  ついに発病か? 第37話 イスタンブール到着
第8話  ヒッピーの聖地(海岸の小屋) 第23話  ポカラの公立病院 第38話 国民総商売人
第9話  ヒッピーの聖地(パーティー) 第24話  旅先で発病した人たち 第39話 銃撃事件
第10話  ヒッピーの聖地(LSD)   第25話  酷暑 第40話 旅の終わり
第11話  ヒッピーの聖地(朝の光と波の音は・・) 第26話  日本は「ベスト・カントリー」だ! 最終話 帰路・あとがき
第12話  インド人は親切だ? 第27話  目には目を?
第13話  田舎を行く列車の旅 第28話  沙漠の国
第14話  変わり始めた片田舎の町 第29話  「異邦人」の町
第15話  皆既日食を見た! 第30話  沙漠に沈む夕陽