TOP南西アジア旅行記 > 第19話



■ 第19話  ヒマラヤの旅 (2)

山麓の村々を雄大なヒマラヤを見ながら歩く「ヒマラヤトレッキング」は、案内人であるシェルパを雇っていくのかと思えば、実際はそうでもない。

高い山や峠を越える難しいルートならともかく、ランタン谷を歩くトレッカーはほとんどがシェルパを雇わず、自分たちだけで歩いていた。
当然、私もたった一人。

歩き始めてから3日目、落石の怖い崖沿いの道を越えたところのシャブルという集落に近づいた頃、空が曇ってきた。

チベッタン・ヤク・ホテルという看板のある家に入りチャイを飲んでいたら雨が降ってきた。

もう午後2時だし、今日はここで泊まるか・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

看板は「Hotel」だが、石積みを土で固めた壁と、屋根は板張りの山小屋だ。
客室などない。大きな一間だけ。

この家には10歳くらいの小僧がいて、雨が降ってきたと思ったら、屋根に登って雨漏りがしないように屋根の板をあちこちずらしていた。

彼は川沿いのシャブルベンシという比較的大きな町の学校に通っているそうだ。


「どうして今日は学校に行かないんだい?」
私が聞く。

「今日は雨だからホリデーだ!」


雨なんか今降ってきたばかりで、朝からほとんど降っていないのに・・・

「明日は?」と聞いたら、「明日もホリデーだ。」ときた。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

夜、この小僧は私の隣にへばりついていてなかなか離れない。

私は小僧に日本語を教えたり、日本のことをいろいろ話して聞かせた。

そうすると今度は彼の幼い兄弟たちまでが私の周りに集まってきた。

私はうかつにも、

「日本に行けばたくさんお金を稼げるよ。工事現場で働けば、一日に400ルピーも稼げるんだ。」

・・・という話をしてしまった。

しまった! 余計なことを言ってしまったかな?

この宿に一泊する料金が2ルピーの国だ。

二桁違いの話を小さな子供にしてしまった。


案の定、彼は「日本に行きたい」としきりに言いだした。


「日本に行くには飛行機に乗らなければ行けない。飛行機代は8,000ルピー必要だ。」

これを聞いて、彼はとてもがっかりしていた。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

翌朝、いさんでシャブルを出てランタンに向ったが、手前の沢を渡る道を間違えて、とんでもないところへ降りていった。

谷の底まで降りたが、藪しかないので間違いに気づいて再び上に戻り、段々畑をひたすら登って、別の方向に道があったので降りて行ったところ、その先はたくさんの小道に分かれており、そのどれもが途中でわからなくなっている。

暑かった。今日はこれだけで2時間半も費やしている。

腹立たしくなったので、頭を冷やすことにした。シャブルに戻ってもう一日泊まろう。



今朝、例の小僧はシャブルベンシの学校に行ったはずだったが、例のHotelに着いたら彼はもう帰ってきていた。

シャブルベンシの学校まで往復するだけでも随分と時間がかかるはずだが、あまりにも早いではないか。

よほど歩くのが速いのか? いやいや、いくら速くてもこんな時間で往復は無理だ。

それとも学校の授業が短いのか? 

小僧に聞くと「学校に行ってきた」という。

まさか! 多分さぼってきたのだろう・・・

「アルプスの少女ハイジ」のヒマラヤ版ペーターといったところか?
勉強嫌いそうなところがそっくりだ。

働き者の可愛い子供だった。


次へ

 
仏の像と思われる木像

水道になっているが
蛇口の位置が傑作だ

小屋の中にはチベット仏教のマニ車が入っていて
沢水を利用して常に回転している。

 
次へ

 
目    次
第1話  旅の序章 第16話  屋根の上のシタール弾き 第31話  アラーよ、許したまえ
第2話  入国拒否 第17話  カルカッタにて 第32話  イランの印象(1)
第3話  強盗だー! 第18話  ヒマラヤの旅(1) 第33話  イランの印象(2)
第4話  TOMODATI! 第19話  ヒマラヤの旅(2) 第34話  イランの印象(3)
第5話  聖地の大晦日 第20話  ヒマラヤの旅(3) 第35話  中東にはホモが多い?
第6話  泥棒もひとつの「職業」! 第21話  ヒマラヤの旅(4) 第36話 「小アジア」の風景
第7話  船旅 第22話  ついに発病か? 第37話 イスタンブール到着
第8話  ヒッピーの聖地(海岸の小屋) 第23話  ポカラの公立病院 第38話 国民総商売人
第9話  ヒッピーの聖地(パーティー) 第24話  旅先で発病した人たち 第39話 銃撃事件
第10話  ヒッピーの聖地(LSD)   第25話  酷暑 第40話 旅の終わり
第11話  ヒッピーの聖地(朝の光と波の音は・・) 第26話  日本は「ベスト・カントリー」だ! 最終話 帰路・あとがき
第12話  インド人は親切だ? 第27話  目には目を?
第13話  田舎を行く列車の旅 第28話  沙漠の国
第14話  変わり始めた片田舎の町 第29話  「異邦人」の町
第15話  皆既日食を見た! 第30話  沙漠に沈む夕陽