TOP南西アジア旅行記 > 第21話



■ 第21話  ヒマラヤの旅 (4)

数あるヒマラヤトレッキングルートの中でも、有名なエベレスト街道やアンナプルナ山域に比べてランタン谷は比較的マイナーで、訪れる人も当時は少なかった。

約2週間のトレッキングの間、日本人とは帰路にひと組会っただけで、あとは全部ヨーロッパやアメリカ人だ。

ランタン谷は面白いところで、はじめのうちは深い谷沿いに登って行くが、最後の集落であるランタン村のあたりから谷は急に広がり、「平原」と呼びたくなるほどの荒野が広がっている。

標高3,800m〜4,000mに平原が広がり、その周囲を6〜7,000m級の山々が取り囲む。




前日の雪が薄く積もった道を、ランタン村からキャンジンゴンパまで歩く。

ここには大きなロッジがあり、西洋人トレッカーがたくさん宿泊していた。

昼前にロッジに着いたので、近くの小山に登った。

主峰ランタン・リルン、その隣にキムシュン・・・7,000m級の名峰がすぐ目の前にそそり立っている。

カトマンズから持ってきたガンジャを取り出し、おもむろに一服。山々を鑑賞する。

   美しい・・・つくづく美しい!

高山でのガンジャは効果テキメン。

ランタン・リルン峰が父であり、キムシュン峰が母である・・・

遥か下の小川のせせらぎが、日本の故郷の川の流れである・・・

この広大なヒマラヤがわが故郷であるかのような幻覚を覚えたところで、ふと我に帰った。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ロッジに戻り、ほどなくしてからドイツ人数人のトレッカーが騒々しく入ってき
た。

うち一人が、大の男であったが大きな声を上げて呻いている。

とても苦しそうだ。目を押さえ、まさに七転八倒の苦しみようだ。

いっしょにいたドイツ人たちも、どうすることも出来ないといった様子で茫然としているではないか。

   いったい何事か?


訳を聞くと「雪盲」だという。

雪山に反射する、高山の強烈な紫外線に目をやられてしまったのだ。

雪盲は、はじめのうちは症状が分からず、気がついたときには猛烈に目が痛むと聞いていた。

それは、私が旅に出るきっかけとなった話をしてくれた先輩から聞いたものだ。

その先輩が私に餞別としてくれたものが、眼鏡に取り付けるタイプの簡易サングラスであり、私はそれを装着していたおかげで雪盲を免れていたようだ。

いまさらながら、先輩の知恵に感謝!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この日、スイス人の大集団が大勢のシェルパたちとともにキャンジンゴンパにやってきてキャンプしたのだが、彼らは夜、このロッジに入ってきて、ギターに合わせて歌を歌い始めた。

そうなるとたちまち、泊まっていた西洋人たちが皆加わり、ロッジの中は大合唱大会になってしまった。

皆喜んで大声を出し、足踏みする者、腕を上げる者・・・

こういう時の西洋人たちのノリはすごい!



歌は英語やドイツ語なので、はじめのうちは言葉もわからないし黙っていたら、隣のイギリス人中年夫婦の奥さんに、

「あなたは歌わないの? 歌がきらいなの?」 なんて言われてしまった。

「No I like Music!」

こうなったら日本人の誇りをかけ、意地でも歌ってやる。


皆が英語なのに、私だけ

「おー、ブレネリ! あなたのおうちはどこー ♪」
「わたしのおうちはスウィッツランドよー! 奇麗な湖水のほとりなのよー♪」


どうせ誰も日本語は分かるまい・・・

歌っているうちにだんだん楽しくなってきた。

とてもとても楽しくなった・・・

あのイギリス人夫妻もにっこりして微笑みかける。

   歌は世界をつなぐ最高の言葉


次へ

 
キャンジンゴンパから見た
ランタン谷の主峰  ランタン・リルン


さらに谷を奥へ
ランシサ・カルカへの道 

 次へ

目    次
第1話  旅の序章 第16話  屋根の上のシタール弾き 第31話  アラーよ、許したまえ
第2話  入国拒否 第17話  カルカッタにて 第32話  イランの印象(1)
第3話  強盗だー! 第18話  ヒマラヤの旅(1) 第33話  イランの印象(2)
第4話  TOMODATI! 第19話  ヒマラヤの旅(2) 第34話  イランの印象(3)
第5話  聖地の大晦日 第20話  ヒマラヤの旅(3) 第35話  中東にはホモが多い?
第6話  泥棒もひとつの「職業」! 第21話  ヒマラヤの旅(4) 第36話 「小アジア」の風景
第7話  船旅 第22話  ついに発病か? 第37話 イスタンブール到着
第8話  ヒッピーの聖地(海岸の小屋) 第23話  ポカラの公立病院 第38話 国民総商売人
第9話  ヒッピーの聖地(パーティー) 第24話  旅先で発病した人たち 第39話 銃撃事件
第10話  ヒッピーの聖地(LSD)   第25話  酷暑 第40話 旅の終わり
第11話  ヒッピーの聖地(朝の光と波の音は・・) 第26話  日本は「ベスト・カントリー」だ! 最終話 帰路・あとがき
第12話  インド人は親切だ? 第27話  目には目を?
第13話  田舎を行く列車の旅 第28話  沙漠の国
第14話  変わり始めた片田舎の町 第29話  「異邦人」の町
第15話  皆既日食を見た! 第30話  沙漠に沈む夕陽