TOP南西アジア旅行記 > トップ・第7話



■ 第7話  アラビア海の船旅

列車の中で、泥棒にカバンを盗まれてしまったので、地図や辞書などがなくなってしまった。

これではやはり困る・・・

ボンベイ(ムンバイ)で救世軍に泊まったときに日本人客がいたので、彼からガイドブックを写させてもらった。

といってもコピー機はないので、すべて手書き!

ボンベイはもちろん、マドラス、カルカッタ、デリーなどのインドの大都市はおろか、ラホール、テヘラン、イスタンブール、カイロなどの都市の地図も片っ端から手帳に書き写した。

さらに、各国の両替レート、簡単な挨拶、数の数え方、政治体制まで、ガイドブックの中で重要なところは書いて書いて書きまくった。

おかげで手帳はたちまち一冊のガイドブックとなった。
この情報の対価として、彼には私の胃腸薬を少しあげた。

ボンベイは大きな街だった。
救世軍に泊まる前は、安宿を見つけるために2日間街をあてどもなく歩き回ったが、この熱い大都市に生きる人たちのエネルギーに圧倒されまくっていた。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、ボンベイの南約400kmのところにゴア州という小さな州がある。

インドはかつてイギリスの植民地だったが、ゴア州だけはポルトガル領だった。
ヒンズー教ではなくてカトリックが多い。

一応リゾート地ということらしく、ヨーロッパからの旅行者が結構行っているらしい。
そして、ヒッピーの溜り場になっている。

ヒッピーとは、今では随分古い言葉だが、辞書によれば
「60年代のアメリカで、既成の社会体制や価値観を否定し、脱社会的行動をとった若者たち」ということになる。

この解釈はややネガティブだが、広い意味では
「自由を愛し、自分を信じ自分の生き方を肯定する人たち」ということにでもなるだろうか。

・・・これは、ゴアに行って見るしかない!


1月14日朝、救世軍にいたクラウスという名のドイツ人いっしょに、ゴア州のパナジに向けて船に乗る。

アラビア海を見ながらのんびり船旅だ。

船にはインド人の子供たちが大勢、学校のツアーということで乗っていた。
子供ながらに英字新聞なんか読んじゃって、おそらくお金持ちの子弟たちだろう。

昼過ぎ、クラウスが私を呼ぶのでデッキへ行ってみると、イタリア人たちが輪になってチャラス(ハシシ)を吸い回している。

彼らは皆長髪でヒゲを伸ばし、いかにもヒッピーじみてカッコイイこと!
ハシシ喫煙用小道具をぞろりと揃え、コブラを模った飾り道具から、手飾り、頭飾り、足飾り、なんとタブラ(インドの小太鼓)や横笛まで持っている。

でも、彼らの顔から髭と長髪を除いて顔本体をしげしげと見て見ると、何となく幼さが見え隠れする。
たいしたことなさそうだ。カッコだけか・・・

ヒッピーってのは、表面の体裁じゃなくて、何となく反体制で、生き方がユニークで、もっと精神的な意味でカッコイイものだと連想していたが・・・

でも、「仲間にはいらないか」ということなので、もちろん参加した。


ゴアにはどんなやつらがいるのだろう・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西の方アラビア海に夕陽が沈む・・・

大きな太陽が、ますます大きくなりながら水平線にさしかかる頃、水平線をゆく一艘の帆船が太陽に近づくのが見えた。

デッキにいた大勢の客たちが見守る中、その帆船のシルエットが、ついに大きな太陽の中に入った!
たちまちデッキに大歓声が上がる。

夕陽をあびて金色に輝く水面。その夕陽の中に浮かび上がる、帆船のシルエット。
絵のような光景が現実に目の前に広がっていた。


あたりが暗くなる頃、デッキの上ではインドの学校の生徒たちが歌を歌い出し、前の方ではあのイタリア人たちも歌いだした。
アメリカ人の若者が、ビートルズの「In my Life」をギターで弾きだした。

私はただ聞き惚れていた。これまでの人生で最も素敵な晩だった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1月15日朝、すがすがしい空気の中に、眩しい朝の太陽が輝き、波頭に光る陽光は、昼にものすごく暑くなるだろうことを感じさせた。

多くの帆船が行き来している夢のような光景だ。

ゴア州の州都、パナジに着いたのだ。


次へ

目    次
第1話  旅の序章 第16話  屋根の上のシタール弾き 第31話  アラーよ、許したまえ
第2話  入国拒否 第17話  カルカッタにて 第32話  イランの印象(1)
第3話  強盗だー! 第18話  ヒマラヤの旅(1) 第33話  イランの印象(2)
第4話  TOMODATI! 第19話  ヒマラヤの旅(2) 第34話  イランの印象(3)
第5話  聖地の大晦日 第20話  ヒマラヤの旅(3) 第35話  中東にはホモが多い?
第6話  泥棒もひとつの「職業」! 第21話  ヒマラヤの旅(4) 第36話 「小アジア」の風景
第7話  船旅 第22話  ついに発病か? 第37話 イスタンブール到着
第8話  ヒッピーの聖地(海岸の小屋) 第23話  ポカラの公立病院 第38話 国民総商売人
第9話  ヒッピーの聖地(パーティー) 第24話  旅先で発病した人たち 第39話 銃撃事件
第10話  ヒッピーの聖地(LSD)   第25話  酷暑 第40話 旅の終わり
第11話  ヒッピーの聖地(朝の光と波の音は・・) 第26話  日本は「ベスト・カントリー」だ! 最終話 帰路・あとがき
第12話  インド人は親切だ? 第27話  目には目を?
第13話  田舎を行く列車の旅 第28話  沙漠の国
第14話  変わり始めた片田舎の町 第29話  「異邦人」の町
第15話  皆既日食を見た! 第30話  沙漠に沈む夕陽